NEWS 新着情報

総料理長の就任について

お知らせ

UNO HOTELでは、中山 公人(なかやま きみひと)が2021年2月5日付けにてBLUNO 瀬戸内レストランの総料理長に就任いたしました。


22歳から料理人としてのキャリアを2005年岡山全日空ホテルのオープンと同時にスタートさせ、2010年には備讃饗宴・真鯛コンクールにてグランプリを獲得。同年には弱冠27歳という若さで洋食ダイニング・ウルバーノの料理長に大抜擢される。2015年においては、岡山全日空ホテルからANAクラウンプラザホテル岡山へのリブランド立ち上げの主力メンバーとして活躍し、その後は同ホテルの洋食宴会料理長を経験し料理人として確かな技術を身に付けていく。2019年には自身の独立を目指し、町場のレストランを経験するなど、食材を調理する際の細部までこだわった料理の数々の提供をしてまいりました。

※今現在(3/5)、中山シェフは次世代スター料理人を発掘する新型料理人オーディション番組「DRAGON CHEF 2021」に
おいて、岡山県代表としてエリア予選に参加しており、決勝への進出とグランプリを目指しています。

中山シェフはこのようなコメントを述べています。「UNO HOTEL・BLUNO 瀬戸内レストランでは、瀬戸内海の食材を多く取り入れていき、お客様の目で安心かつ安全なたしかな食材を見て食べていただきたいと考えております。非日常的な畏まったフレンチのコース料理を体験することも出来ますが、カジュアルで気軽にお越しいただけるような空間作りを目指しています。岡山県では必ず立ち寄りたいスポットとなるよう、玉野市宇野の発展につながるような料理を提供して、瀬戸内を盛り上げてまいります。」